20代でAGAを発症する人が増えている現状について

 

20代で生活が荒れている男性

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は実はあまり年齢には関係がなく、20代から30代にかけても若年性AGAになる事がありますし、特に現代は生活習慣や食生活の変化で10代後半位から薄毛で悩む人が非常に多いようです。男性だけでなく女性の薄毛で悩む人も増えています。

 

20代で薄毛が気になるようでしたら、このAGAの他にもストレス等が原因でおこる円形脱毛症が原因の場合も考えられます。ですからこの段階では決して素人判断をしないで、専門医の診断を受ける事をお勧めします。

 

AGAをはじめ、髪の毛のケアは若いうちに対策をとるのが一番効果的と言われています。20代でAGAになってしまっても早いうちに適切な対処をすれば、その後AGAは解消されるのでフサフサな髪の毛を取り返す事も決して不可能ではありません。

 

特に20代のうちは食生活や生活習慣の乱れも多く、夜遊びが続き寝不足になるだけでも健康な髪の毛の状態を保てないですし、栄養バランスの偏った食事も髪の毛には良い影響を与えません。

 

また清潔感を出そうと毎日シャンプーをしていても、間違ったシャンプー選びや洗い方でよけい頭皮や頭髪を痛め、AGAが更に悪くなる事もあるので、20代は健康に留意した生活を送りましょう。

 

アンドロゲンの影響でAGAの発症年齢は年々若年層増加

 

AGAで悩んでいるのは、成人の男性、それも30代後半から中高年だと思いがちですが、実は10代の男性でもAGAを発症する可能性があります。AGAの発症年齢は、男性ホルモンであるアンドロゲンが主原因で引き起こる男性型脱毛症のため中高年だけではなくなってしまっているのです。10代でAGAになる原因とされているのは薄毛遺伝子です。

 

男性ホルモンのDHTがアンドロゲンレセプターと結合することでアンドロゲン遺伝子に薄毛を促進する命令が出る仕組みになっていて、X染色体の中にある塩基配列と言うものを数えると結合しやすさの強弱がわかり、その遺伝子配列を足した数で、発症年齢の時期が早いか遅いかが分かると言われています。

 

ちなみGGCリピートとCAGリピートの数が多ければ多いほど発症する可能性が低く、少なくなるほどAGAになる可能性が高くなると言われています。AGAの発症年齢が10代となると遺伝子の関係と生活習慣の乱れ、食生活の乱れも関与している可能性があります。規則正しい生活習慣を身につけるように心がけましょう。


このページの先頭へ戻る