AGAの治療には保険が適用されないわけは?

 

AGAの診察風景

AGAの治療に関しては、健康保険が適用されることはありません。つまり自由診療扱いとなり、AGA治療を行う医療機関が自由に治療価格を設定して良いと言うようになっています。これはAGA治療薬として認可を受けているプロペシアを購入する時にも同じことが言えます。

 

AGAの治療にどうして健康保険が適用されないのかと言いますと、AGAを発症しても直接に生命の危機があるわけではなく、健康の維持にも影響を与えないからです。これが脱毛症と言う疾患であるとは言っても、自由診療扱いとなっている理由であり、美容整形などと同じ扱いになっていると考えて良いでしょう。

 

AGAの治療を考えた時に、何かしら大きな手術が行われる訳ではありませんし、特殊な治療が施される訳でもありません。基本的には、薬による薬物療法が取られることになりますので、自由診療と言ってもそこまで高額な治療費が必要になることはありません。AGA治療の代表的な治療薬としてはプロペシアがありますが、プロペシアの服用は、1日に1錠を目安としています。

 

ただし、プロペシアだけではなくミノキシジルが配合された育毛剤などを使うことや、通っている医療機関で行っている独自の治療法を選択するのであれば、別途治療費がかかってくることになります。AGAの治療を行っている医療機関を選ぶ時には、自由診療ですので金額に幅がありますが、決して金額の多寡だけで決めるのではなく実績などが伴った医療機関を選択するようにしておくと良いでしょう。

 

処方薬の種類や治療方法で費用の相場が違う

 

AGA治療に使われる処方薬の種類や治療方法によって治療費が違ってきます。治療にかかる治療費の相場はいったいいくらなのでしょうか?

 

専門外来でのAGA治療は発毛を目的としているため採血や血圧測定などの定期検査はもちろん、医師による診察があります。AGA治療で最も効果的だと言われている処方薬フィナステリドやミノキシジルなど症状に合った薬を処方してもらえますが、1錠250円かかります。おおよそ、平均すると3万円前後かかると言われています。

 

ただし、処方薬は保険対象外ですので、1日1錠服用するため薬代だけで月7,500円かかる計算になります。また、AGA治療は自由診療扱いとなっているため、治療を行っている病院によって治療費は違います。薬代だけで相場として年間9万円前後かかることになります。

 

ジェネリック医薬品の場合は、薬自体の相場が大体100円前後ですので、安価で抑えることが出来ますが、輸入品のため色々なデメリットが発生するということを理解しておく必要があります。【※輸入品のデメリット@偽物である可能性がある、A副作用のリスクを自分で負う事になる、など。】

 

AGA治療費は無理なく払える医療ローンを利用しよう

 

AGA治療にかかるAGA治療費は、保険適応外のため全て自己負担になり、社会保険などの保険が全く使われないということです。AGAを治したいと思っていても毎月かかる治療費、薬代などを考えると躊躇してしまいますよね?それに、施術するクリニックによっても自由診療代のため金額も違ってきます。

 

実際に薬代や診察料、検査代などの費用を含めると年間10万円以上の出費になります。AGA治療費の安さだけで実績や評判などを調べず、病院を決めることも出来ません。

 

最近の美容外科や皮膚科などは、AGA治療のための医療ローンと言うものを実施している場合があります。ただし、この医療ローンと言うのは、各クリニックと提携しているクレジット会社との契約になります。ほとんどの場合信販系のカード会社になりますが、低金利で融資してもらうことも基準に合格すれば可能になります。

 

また、金利ゼロというところもありますので、AGA治療費が心配な方は、施術してもらう予定のクリニックにローンがあるか、どうか確認するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る