AGAと女性薄毛の違いについて

 

女性で薄毛を気にする人

薄毛の悩みと言えば、男性の悩みであったのは昔の話です。現在では女性にとっても薄毛は大きな悩みとなっているようです。男性の場合、ほとんどの薄毛はAGAと言われる男性型脱毛症であるとされています。AGAの特徴としては、髪の毛の生え際が後退していくこと、頭頂部から薄毛が始まっていくことのように局所的に薄毛が進行していくものとなります。

 

対して、女性の場合はFGA、女性型脱毛症と言われる脱毛症がほとんどのようです。症状の特徴としては、AGAのように局所的に薄毛が起こってしまうのではなく、髪の毛全体的に薄くなっていくことになります。女性型脱毛症の場合、AGAとは違って治療がしやすいと言った側面もあり、原因も幾つかに絞られています。

 

女性薄毛の原因として最も身近な原因としては、ストレスがあります。過度にストレスを受けてしまうことで、頭皮の血行が悪くなり、発毛を阻害されるようになってしまいます。ストレスが蓄積しているなと感じている方は、ストレスを発散するような趣味やリラックス時間を設けるようにして下さい。

 

次に女性にとっては身近なダイエットですが、度を超えたダイエットをしてしまうことで、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまって、薄毛の原因となってしまいます。栄養不足となることで、本来なら髪の毛に回ってくるはずである栄養素が、生命維持に必要な臓器に回されることから、薄毛や抜け毛を起こしてしまうのです。他にも、睡眠時間が短かったり、外食ばかりを食べる食事を続けていると薄毛の原因となります。

 

FAGAという脱毛症が認知されるようになった

 

最近では、更年期の女性などにも男性のAGAと同じ仕組みの脱毛が起こっている事が分かってきました。FAGAと呼ばれ、女性版のAGA症状です。女性にも男性ホルモンが少量とは言え存在しており、更年期に女性ホルモンが減少する事で症状が出ると考えられています。

 

薄毛専門のクリニックなどでは、このFAGA対策用の治療薬パントスチンを取りいれ治療にあたっているところも増えてきました。女性の薄毛は男性とは違うと言われていた時代もありましたが、一部同じであるというのが正しい認識だと言えます。

 

女性薄毛になりやすいかは遺伝子検査によって判明できる

 

女性薄毛になりやすいかなりにくいかを知る方法、それは「遺伝子検査」という方法です。実は女性薄毛は遺伝による影響を強く受けることが知られています。例えば女性は出産後著しく女性ホルモンの減少が見られます。その時にある人の髪の毛にはさほど変化はないのですが、ある遺伝子を持った人は著しく薄毛となります。つまりはちょっとした要因で薄毛になりやすいのです。

 

ですからこの「遺伝子検査」をすることにより、自分が女性薄毛になりやすい体質であること知ることが、まずは女性薄毛の問題に取り組む第一歩といえるでしょう。「遺伝子検査」といっても自分で行なうことができます。「AGAドッグ」などの名前で通販などでも購入でき簡単に検査できます。自分だけでなく両親にも検査してもらいましょう。特に母親の結果は重大です。

 

検査の結果はCAGとGGCという二つの値の合計によって薄毛になりやすい体質か決まります。特にCAGの値が22前後の場合は薄毛に遺伝子を持っているということになります。病院に行って血液検査によって「遺伝子検査」を受けることができます。その場合は医師によりもっと詳しい説明があるのでいいでしょう。


このページの先頭へ戻る