女性専用の育毛剤の特徴

女性用育毛剤を使う女性

最近、薄毛や抜け毛で悩んでいる女性の方がとても増えたように思います。サロンに来店されるお客様もとても悩んでらっしゃる方が多いようです。ボリュームが無くなったり、ハリが無くなったり・・・。アンチエイジングの大敵であり、見た目にも大きく影響しますし、女性にとっても薄毛はとても深刻な問題ですよね。

 

では、そもそも薄毛や抜け毛の原因はいったいなんなんでしょうか?毛髪のトラブルにはストレスや栄養不足、それにホルモンバランスの乱れとかいくつかの要因が重なっておこる事がほとんどです。特に女性の場合40代以降になるとホルモン分泌量が一般的に減ってきます。いわゆる更年期ですね。

 

しかし最近では20代、30代の若い方にもストレスや過度のダイエット、乱れた食生活による栄養不足、喫煙、睡眠不足などなどいろんな原因でホルモンバランスが崩れてヘアサイクルが短くなって結果的に脱毛・薄毛になっていきます。

 

それとカラーリングやパーマのしすぎ、特に最近気になるのですが洗浄力の強い石油系界面活性剤の入ったシャンプー剤で過剰にシャンプーをされる方が多いんです。特に、一日に何回もごしごしとシャンプーをされる方が多いのです。間違ったヘアケアにより、血液循環が乱れたり、頭皮に炎症をおこしたりして毛が細くなったり抜け毛が増えてしまったりするのです。

 

そこで、最近では育毛剤がいろいろと開発されていますが、特に女性用の育毛剤の開発が目覚ましく進歩していると思います。今まで育毛剤と言うとほとんどが男性用でした。きっと女性でも男性用を使ってた方が多かったのかと思います。

 

ただ、男性の薄毛と女性の薄毛では、原因も状態も違います。男性の場合は生え際と頭頂部から薄くなっていく場合がほとんどです。男性ホルモンは5aリダクターゼよりデヒドロテストステロン(DHT)になって毛乳頭を含めて毛包周囲に組織される毛細血管を収縮させると言われています。毛根細胞が男性ホルモンに弱いからなのです。

 

脱毛説には8種類程がありますが、その中でホルモン説・遺伝説・皮脂腺説があり、遺伝説は毛の分布や毛質は遺伝子で決定されて男性に強く現れます。皮脂腺説では、皮脂腺の肥大によるもので男性ホルモンの分泌過多が原因とも言われています。なので男性用育毛剤は男性ホルモンを抑制したり皮脂を抑える成分など男性型脱毛に効くような成分で作られています。

 

しかし女性の場合、男性のような皮脂が多量に出る事は無く老化や外的要因からつるつるに禿げるという事は無く「じわー」っと頭頂部から薄くなってくることが多いのです。そして的確なケアをすることで充分改善できると言われております。

 

選ぶときの大切なポイントは、効能(成分)をしっかりとみることです。育毛剤として期待したい効能は、皮脂分泌の抑制・保湿・殺菌効果・細胞の活性化、などです。そして女性の場合、香りなどでリラックス効果を促すのも大切なポイントになるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る