AGAの治療を始めるきっかけとなる出来事とは?

 

髪のボリュームが無くなった男性

AGAの治療のきっかけは、人それぞれですが、髪のボリュームダウンがきっかけとなる方も少なくはありません。髪がボリュームダウンすると、セットするのが難しくなります。この時に、薄毛に気付いてAGAの治療を始めたという方もいます。また、周囲の視線がAGAの治療のきっかけとなる方も多いようです。

 

自分自身は薄毛を気にしていなくとも、周囲の視線が集中する事によって段々と気になるようになってきたというケースは珍しくはありません。特に、営業などの人と接する職業の場合、周囲の視線がきっかけになる事は多いようです。

 

また、最近ではTVでもAGAが取り上げられるようになりました。そんなTV番組を見て、もしや自分の薄毛の原因も?と思い、医療機関に足を運んでみたという方もいます。このように、AGAの治療に取り組むきっかけは、人それぞれです。ただ、治療にかかる期間は決して短い期間ではないので、できるだけ早く医療機関に足を運ぶ事をオススメします。

 

AGAの最大の敵の一つそれはいじめの存在

 

AGAの治療を始めるきっかけの一例に”いじめ”があります。職場内で、もしくは住んでいる町内でも常にいじめは存在します。日本の悪しき伝統文化とも言えるでしょう。このいじめにあうことによって薄毛になったりはげてしまったりといってAGA病院に来る人はたくさんいます。いじめとAGAにはどんな関係があるのでしょうか?

 

最初に確認しておくべきことですが、AGAはハゲの隠語のようなものではありません。AGAはハゲの種類の一種であり、AGA=ハゲではないのです。ですから職場などでいじめにあったゆえに円形脱毛症になった場合は、AGA病院に行くのは筋違いです。なぜならAGAではないからです。皮膚科か精神科に行くべきでしょう。

 

しかしもともとAGAの遺伝子を持った人が職場のいじめに遭い、一気におでこが広がってきたとします。これはいじめゆえにAGA病院に行って大正解です。できるだけ早めに治療を始めると同時に、いじめというストレスのものを食い止めることによって症状を改善できるでしょう。


このページの先頭へ戻る