パントスチンがFAGAの治療に大きく貢献

 

大量の抜け毛に驚く女性

パントスチンは主に女性の為の使われる育毛剤です。主に、と敢えて書いたのは男性が使っても別に問題はないからです。女性のFAGAは「女性男性型脱毛症」と呼ばれ、男性のAGAとメカニズムは殆ど同じです。男性ホルモンが酵素によって還元され、悪玉男性ホルモンになり毛髪の活動を抑制するのが原因です。

 

男性であれば、フィナステリドを主成分とするプロペシアを中心とした抑制薬が処方されています。そのため、男性型脱毛症で悩む男性の改善も多いのが実状です。それに対し、女性のFAGAに関しては直接的な治療薬が存在していませんでした。男性が使うプロペシアは女性が使うと副作用のリスクが高く危険とされています。

 

その為、男性には使えても女性には使えない状態が長く続きました。女性のFAGAを抑制する事は出来ず、生活環境の改善や毛髪の活動を活発にする治療薬を使うなどが主な女性の治療法でした。

 

しかし、パントスチンという塗る育毛剤(外用薬)が処方されるようになった事で、女性におけるAGAも抑制する事が可能となりました。このパントスチンであれば女性への副作用リスクも少なく、最先端の医療機関などでは既にパントスチンを中心としたFAGA治療が開始されてます。

 

現状、女性のFAGAに多い治療内容としては、パントスチンで脱毛を抑制し、パントガールで発毛を促すといった内容です。有効成分アルファトラジオールが悪玉男性ホルモンに変換されるのを抑制し、ヘアサイクルの異常を正常に戻す働きがあると言われています。

 

相変わらず女性の薄毛治療に高評価のパントガールとは?

 

薄毛治療の女医さん

女性薄毛に効果があると期待されている内服薬パントガールについて詳しく紹介してみたいと思います。パントガールは、女性薄毛や抜毛を改善・発毛を促す内服薬として、効果と安全性が世界で初めて認められた医薬品薄毛治療薬なんです。AGAの内服薬として効果が高いと言われているプロペシアは、上述の通り女性が使うことが出来ません。

 

女性薄毛に効果があるパントガールは、アミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが細胞代謝に働きかけるため、髪の老化である白髪や薄毛、細い髪など女性の髪のアンチエイジングにも効果が期待できるとも言われています。また、爪がもろく、割れたり、弾力がないといった症状を改善する効果も確認されていますので、髪の毛を増やすだけではなく、美しい爪を作り上げることも可能になります。

 

ただし、半年から1年間は、パントガールの効果を持続し、強くなった髪の毛の状態をキープするために服用するように薦められています。女性薄毛治療薬パントガールは、副作用の報告もない、安全性が高い薬ですので、安心して、継続的に長期間服用することが出来ます。

 

女性の薄毛治療に関しても、以下のリンク先で紹介している病院では対応されています。湘南美容外科クリニックや聖心毛髪再生外来では既にパントスチンを取りいれた治療も開始されています。


このページの先頭へ戻る