AGAの治療薬であるプロペシアとミノキシジルの効果

 

AGA治療の違いを確認している男性

AGAの治療薬として広く知られているのが、プロペシアとミノキシジルです。プロペシアは飲み薬であり、通常1日1錠を服用します。しかし、医師の診断によってはそれ以上服用するケースもありますが、1日5錠が限度となっています。

 

プロペシアは、発毛というよりも抜け毛の減少、毛髪が太くなるといった効果が期待できます。その結果、全体的に薄毛が目立ちにくくなると言われています。

 

一方のミノキシジルは、既に進行してしまったAGAに効果が期待できる治療薬です。ミノキシジルは本来、高血圧の治療薬として販売されていましたが、発毛効果が認められ、現在はAGAの治療薬として処方されています。

 

血行促進、血管の拡張といった効果が期待できるので、AGAで収縮してしまった血管の拡張及び頭皮の血行促進効果が期待できます。そうすると、毛髪に必要な栄養素を運ぶ事ができるようになるので、発毛が期待できます。こうした効果から、AGA治療法の代表的な治療薬としてプロペシアとミノキシジルは使われているのです。


このページの先頭へ戻る