AGAの治療法にはどのような種類があるのか?

 

地肌が目立つ男性

AGAの治療法は、大きく2種類に分類する事ができます。まずは、内服薬や外用薬といった薬物療法です。これは、プロペシアやミノキシジルといった育毛剤を服用したり、直接塗る事で行うAGAの治療法です。

 

続いて、太くて強い毛髪を育てる治療法です。この太くて強い毛髪を育てる治療法は、大きく2種類に分類する事ができます。それは、育毛メソセラピーとHARG療法の2種類です。

 

育毛メソセラピーでは直接頭皮に、発毛に有効な成分を導入します。高い効果が期待出来る為、育毛メソセラピーはAGAの治療法として人気を集めています。参考:詳細記事

 

HARG療法では、気になる部分にHARGカクテルと呼ばれる薬剤を注入します。薬剤の注入は複数回に分けて行われますが、回数に関しては個人差があります。

 

HARG療法は4回で発毛効果を実感し、6回で終了すると言われていますが、これらに関しても個人差があるので、診察を行いながら治療計画を立てるのが一般的です。

 

AGAの場合「自毛植毛」をすることのメリットとデメリット

 

AGAの方の最終秘密兵器とも言える方法、それは「自毛植毛」です。この「自毛植毛」は簡単に言うと、「まだ髪の毛が生えている部分の毛を薄くなったおでこ付近などに移植する」という方法です。ある程度の皮膚を切り取って縫合する方法と、一本一本移植する方法の2通りあります。メリット、デメリットを考察しましょう。

 

まずは自毛植毛の共通するメリットです。

・いずれも自分の髪を移植するので拒否反応がありません。
・移植後の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくい部位のため半永久的に髪が生えてきます。
・一度成功すると一気にAGAの悩みから解決されます(その後の費用も掛からない)。

 

次にデメリットです。

・移植費用がとっても高い。
(一本一本移植していく方法は皮膚ごと移植する方法の数倍値段が跳ね上がります)
・医者の技術によっては生え際は不自然になることがある。
(一本一本移植する方法はこの問題がほぼないでしょう)
・移植本数に限界がある。
(移植本数の限界上、2種類どちらの方法にしてもすべてのAGAの症状を解決するまでにはなりません)

 

AGAはこのメリット、デメリットよく考慮したうえで対処を練るとよいでしょう。以下で紹介している湘南美容外科クリニックは自毛植毛の大手クリニックです。参考にしてみて下さい。


このページの先頭へ戻る